あごニキビは胃腸を休めて対策

顎まわりは大人になってからの方がニキビが出来やすい個所です。

あごのニキビは目立ちますし、場所的につい手で触れてしまいがちな所にあります。
指はバイ菌だらけなので触らないように注意する必要があります。

基本的にホルモンバランスの崩れで発生しやすい場所です。

男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが崩れる事であごニキビが起こりやすくなります。
ホルモンバランスが崩れると皮脂が分泌して顔がベタベタする印象が出てきて
ニキビが発生して悪化しやすくなります。

あごのニキビは赤ニキビや黄ニキビのように悪化しやすいですし、初期段階で治したい所です。

あごと口まわりはセットでニキビが出来る方が多いですが、
この辺りのニキビは胃腸等の内臓疾患が原因の場合も多いです。

胃腸が疲れている時に出来やすい個所でありますし、女性の場合は生理前のホルモンの
バランス崩れで顎にニキビが出来るという方も多いです。

男性の場合は顎の髭剃り等外部的な原因からニキビに発展する事もあります。

ケア方法は洗浄と保湿というニキビ対策の鉄則通り行い、同時に食事改善を行うのが望ましいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>