ニキビが出来たらビタミン不足の可能性も

ビタミン不足からニキビに発展する事は多々あり、ビタミンB1、B2、B6、C等は不足する事で
大きなニキビ原因になると言われいます。

ビタミン不足からニキビ対策としては、食事改善というのは効果的な方法です。

脂分が多い食事を減らした上で、ビタミンが含まれた食事に変更したり、
煙草を吸う方はビタミンCが失われていくので禁煙したり、数を減らす方が良いです。

食事改善が難しいならば、サプリやドリンク等のビタミン剤を摂取して補うのもニキビには効果的です。

普段の生活からビタミンB1、B2、B6、Cを全て過不足なく摂取するのは難しいですし、ビタミン剤で補っても良いでしょう。

採るべきビタミンの特徴を纏めると、ビタミンB1は自律神経安定を促し、糖質代謝にも関わります、
これが不足すると皮脂分泌が多くなり、ニキビに痒みが出てきます。

ビタミンB2.B6は脂質、タンパク質代謝に関わり、不足すれば肌が脂っぽくなって口内炎等が出来やすくなります、

ビタミンCはストレス抵抗力を強めて、免疫力アップ、肌に良い効果をもたらすコラーゲン生成にも
関わるビタミンなので、美肌作りに欠かせないものです。

ストレス抵抗力が弱まると、ホルモンバランスが崩れて皮脂の過剰分泌が起こりニキビが出来やすくなります。

これらのビタミン類を出来るなら食事から、食事で採るのが難しいならビタミン剤を使って
採り入れるようにして、大人ニキビ退治のサポートに繋げましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>