カテゴリー別アーカイブ: 未分類

ニキビが出来たらビタミン不足の可能性も

ビタミン不足からニキビに発展する事は多々あり、ビタミンB1、B2、B6、C等は不足する事で
大きなニキビ原因になると言われいます。

ビタミン不足からニキビ対策としては、食事改善というのは効果的な方法です。

脂分が多い食事を減らした上で、ビタミンが含まれた食事に変更したり、
煙草を吸う方はビタミンCが失われていくので禁煙したり、数を減らす方が良いです。

食事改善が難しいならば、サプリやドリンク等のビタミン剤を摂取して補うのもニキビには効果的です。

普段の生活からビタミンB1、B2、B6、Cを全て過不足なく摂取するのは難しいですし、ビタミン剤で補っても良いでしょう。

採るべきビタミンの特徴を纏めると、ビタミンB1は自律神経安定を促し、糖質代謝にも関わります、
これが不足すると皮脂分泌が多くなり、ニキビに痒みが出てきます。

ビタミンB2.B6は脂質、タンパク質代謝に関わり、不足すれば肌が脂っぽくなって口内炎等が出来やすくなります、

ビタミンCはストレス抵抗力を強めて、免疫力アップ、肌に良い効果をもたらすコラーゲン生成にも
関わるビタミンなので、美肌作りに欠かせないものです。

ストレス抵抗力が弱まると、ホルモンバランスが崩れて皮脂の過剰分泌が起こりニキビが出来やすくなります。

これらのビタミン類を出来るなら食事から、食事で採るのが難しいならビタミン剤を使って
採り入れるようにして、大人ニキビ退治のサポートに繋げましょう。

ニキビの治療には体質改善に効果が高いニキビ漢方薬を使って治療

ニキビの治療は西洋医学が中心になっていますが、体質が大きく係わるニキビの治療には
体質改善に効果が高いニキビ漢方薬を使って治療するのも一つの方法です。

漢方薬は皮膚科でも出してくれる所もあり、皮膚科で処方されれば保険が効くので安くなりますから、
漢方薬を扱う皮膚科を探して治療を行うのも望ましいです。

ニキビは生活習慣や体質、肌のトラブル等様々な要因が絡んで生じるものです。

漢方の考えで大人ニキビは体に熱がこもる事で起こる皮膚炎症と捉えられており、
辛い食物や油っぽい食物の過剰摂取、ストレス等から気の巡りが悪くなって、
体から発するはずのエネルギーを発散出来ない事から生じると考えられています。

血液循環改善や水分循環、循環を促すようなアプローチを行って、余分な熱を外に放出させる効果を発揮し、
余分な熱を溜めないようにして、老廃物を出せるように循環させる事が重要で、
漢方薬にはそういった事を改善する効果があります。

漢方薬を使って体の流れを改善していく事で、ニキビ体質を治して大人ニキビの対策も出来るので、
ニキビを化粧品等の外部からのケアだけで行おうとしている場合は、
漢方薬で内部からケアしていくと相乗効果が出るので良いでしょう。

体質から改善していきニキビを退治すると、再発も悪化も防ぐ事が出来ます。

男性ホルモンが原因でニキビが出来る?

男性ホルモンが原因でニキビが出来ると言われており、女性よりも男性の方がニキビが出来やすく、
また悪化しやすいと言われています。

ニキビ跡でクレーター状の酷い状態になるのも男性の方が多く、ホルモンの関係からも皮脂分泌量が多く、
また女性と比べてもスキンケアを徹底しない傾向にあるのでニキビ悪化させてしまいがちです。

ホルモンバランスを整える為には、生活習慣を整えて食事、運動、睡眠等を整えていく必要があります。

ホルモンバランスの崩れからニキビが大量に発生して中々治らないという男性は多く、
本来男性こそが女性以上にニキビケアの努力が必要です。

ニキビ発生リスクが高く、悪化も激しくなりやすいので、炎症が起こるような所まで悪化した場合は、
早く専門の方に見せて治療を行った方が良いでしょう。

思春期は特に皮脂分泌量が激しく、小まめに洗顔をしないとニキビが出来やすいですし、
社会人になってから生活リズムが崩れる事で大人ニキビに苦しむ男性は非常に多くなっています。

生活全般を見直してホルモンを整えるようにしてニキビ対策を行いましょう。