ニキビの芯の正体は角質

ニキビの芯はコメドと呼ばれるもので、これは皮膚の角質が正体になります。

ニキビの種類によって出て来る芯の特徴は違います。
黒ニキビの場合は小さい茶色いゴマ粒ものが出てきて、赤ニキビの場合は白い液体状のモノが出ます。

赤ニキビのような炎症があるニキビは自力で潰して芯を出すのは避けた方が良いです。

無理矢理芯を出すと跡が残ってしまう可能性が高いですし、白ニキビや黒ニキビのような初期段階のニキビの場合は上手く芯を出してやるとそれ以上悪化しないという事もあります。

ニキビの芯は菌の集合体ですから臭いがキツイです。

潰して芯を押し出した時に臭いを嗅ぐと非常に臭く、
油っぽくて皮脂分泌が激しい方程臭いがキツイ傾向にあります。

大きなニキビが出来てしまうと、治ったとしても芯が深く毛穴に埋まった状態になっており、
洗顔だけで取り除くのは難しいものです。

だからといって無理矢理取り出すのもリスクが高いですし、
よくある毛穴の汚れをシールパックで剥がして取るという方法もありますが、
あれは毛穴を開いた状態にしてしまいますし、肌へのダメージも大きいですから
頻繁に使うのは避けた方が良いでしょう。

大きな根深い芯に関してはパックや洗顔で取り除くのは難しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>