改善が厄介過ぎるニキビクレーター

赤ニキビや黄ニキビのように炎症や膿を伴うニキビが悪化したり潰すと、
皮膚の真皮のような深い所にキズがついて、肌が生まれ変わりを起こしても
傷が付いたままになる事があります。

この根深い傷跡として凸凹の肌になり、穴が空いたようになる事から
ニキビクレーターと呼ばれるような肌の状態になります。

アイスピックで突き刺して穴が空いたような状態になり、この穴は場合によっては
一生治らない事もありますし、治療も非常に根気が要りますし難しいものです。

最近では、エステ等のレーザー治療で凸凹のニキビクレーターの治療を行う所もありますが、
基本的には完治を目指すというよりも凸凹を少しマシにするという程度に終わる事が多いですから、
こういう状態にしない為にも、ニキビを悪化させない事が大切になります。

肌表面のキズや、色素沈着の場合は、28日周期で起こる肌のターンオーバーを
繰り返せば消えていきますが、クレーターは深い所に出来たキズなので、放置してもそのままの状態です。

とにかく非常に厄介なもので、お金をかけたからと即効で治るような方法が
今の所無いと言われており、エステやクリニックでニキビクレーター治療の宣伝をしていますが、
若干改善される効果はあっても、ツルツルの状態にするのは難しいものです。

なのでニキビ段階で治療する事が大切で、仮にクレーターが起こったら、跡を薄くする為にも生活習慣全般を見直して、体全体の免疫力や代謝力をアップして回復させるようにし、ニキビが出来やすい体質を変更していくのが望ましいです、そうする事で長い年月を経て少しづつキズが薄くなっていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>