内臓とニキビの関連性

ニキビと内臓というのは非常に関連性が高いもので、特に腸との関係は深いものがあります。

腸内環境が悪くなるとニキビが出来やすいですし、治り難く悪化しやすくなるのは間違いありません。
よく言われるのは便秘は肌に良くないと言われますが、これは明確な理由があります。

女性はホルモンバランスや生理の関係から便秘になりやすいですが、
この便秘というのは体中を毒素で包む効果があります。

便秘は結局腸内が悪玉菌優位になっており、腸の働きが鈍ってしまう事で起こります。

そうなると腸の中で滞留した便から毒素を出し、それが腸壁を通って
血中から全身を巡るという事になるのです。

そして、免疫細胞を作る腸の状態が悪化すれば、体全体の免疫力が低下して、
食べたものの栄養素を取り出すのが難しくなり、また老廃物を
体の外に出すのが難しくなってしまいます。

そうなると毒を溜めやすく、栄養が巡り難いという状態になり、
太りやすい体質になり、またニキビ体質にもなってしまいます。

毒素が巡る体は皮脂分泌も多くなりますし、ニキビが悪化するには最高の環境になります。

なので腸内環境は善玉菌を増やすような乳製品やオリゴ糖を摂取して、
水を沢山飲んで運動するようにして、臓器の状態を整えましょう。

腸が悪いと他の臓器の働きも低下します。

まわりまわってニキビが出来やすい状態になってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>