背中ニキビの特徴とケア方法

背中ニキビは治療が厄介なニキビです。

背中は毛穴が多く皮脂分泌も活発なのでニキビが出来やすい場所でもありますし、
衣類が包み込んで細菌が増殖しやすい場所でもあります。

しかも見え難い場所でもあり、手も届きにくいので、知らない間にニキビが出来て、
悪化して潰れたりする事があります、気が付けばニキビが潰れた跡が背中一面に
広がっていたという事もよく聞く話です。

背中ニキビのケア方法は顔と同じように清潔に洗浄する事と、保湿を促す事です。

顔のケアと同じようにゴシゴシと乱暴に洗わずに、泡立てて丁寧に泡で包み込んで洗うようにします。

そして洗浄成分を絶対に残さないように洗い流し、洗い流した後は必ず保湿ケアを
行い清潔な衣類を身に付けましょう。

注意したいのは頭を洗う時です。

シャンプーをすると背中にシャンプーの成分が流れてきます。

この時に意外とシャンプー成分を背中に残してしまい、それが背中ニキビの原因になっている事もあるのです。
なので、髪を洗った後に体を洗うという流れをとると、シャンプー成分を背中に残さなくても済みます。

もちろん体を洗う時に使用するボディーソープの成分を残さない事も大切ですよ。
すすぎは丁寧に行い背中ニキビのリスクを減らしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>